観光・撮影スポット

夏も素敵。白川郷合掌造りへ行ってきました。

こんにちは、スーやんです。

石川県寄りの岐阜県にある合掌造りの村、「白川郷」に行ってきました。

白川郷はユネスコ世界遺産に登録され、歴史や伝統を感じる町並みが残されています。

そんな白川郷の魅力を写真で伝えられたらと思います。

白川郷へのアクセス

大阪からは車で約4時間半の道のりで、ドライブでもかなり遠く感じます。

「石川県金沢市」からは、車で約1時間10分の道のりですので、石川県旅行の帰り際に白川郷に寄るプランなどが気軽に立ち寄れておすすめです。

石川県金沢市の観光スポットも後々紹介したいと思います。

スーやん
スーやん
自分は金沢市で観光をしたあと、白川郷へと向かいましたので、運転時間も少なく、気楽にドライブ感覚で行くことができました。

東海北陸自動車道の「白川郷」で降り、車で約10分かからないくらいで白川郷の駐車場に着きます。

昼間は白川郷内は車は通れませんのでご注意ください。

駐車場ですが、「村営せせらぎ駐車場」「みだしま公園臨時駐車場」「寺尾臨時駐車場」と全部合わせて900台分ありますので、満車になることは滅多にないと思いますので安心してください。

駐車場営業時間 8〜17時(すべての駐車場)
駐車料金 「せせらぎ」 1000円  「みだしま、寺尾」500円
駐車台数 「せせらぎ」200台 「みだしま」120台 「寺尾」600台

 

詳細は白川村役場ホームページに詳しく載っていますので御覧ください。
http://shirakawa-go.org/kankou/access/parking/

施設について

トイレは指定された場所以外では厳禁です。

観光用指定の綺麗なトイレが設置されていますので、そちらを使用しましょう。

休憩所は無料の休憩施設や、カフェや、御食事処がたくさんありますので、そちらをご利用ください。

詳しくは下記でマップをダウンロードしてください。
https://shirakawa-go.gr.jp/maps/

ちなみに下の写真はカフェです。

スーやん
スーやん
めっちゃ可愛いですよね!!

あえて名前は伏せますのでゆっくりと白川郷の散歩をお楽しみください。

白川郷の魅力

白川郷の魅力はなんて言ったって、日本古来の屋根の「茅葺き屋根」が特徴的です。

豆知識ですが、茅とはイネ科のススキなどの総称で、茅葺き屋根は断熱性、通気性、保温性、吸音性に非常に優れており、雨も入ってきません。

そんな古くからある茅葺きの屋根でできた合掌造り、「白川郷」を写真で紹介したいと思います。

民宿の浴衣が洗濯物で干してありましたが、茅葺きの家と合っていてとても風情があります。

売られている飲み物は写真のように冷やしてあり、とっても可愛いですね。

モデルと写ルンですもまた景観に合いますね。

住民の方々が植えていたお花畑も綺麗でした。

展望台からの様子です。

気づきましたか?

白川郷は景観を乱さないように、電信柱がなく電線はすべて地中を通して電気を供給しています。

見学スポット

自分はブラブラと白川郷の景観を楽しみながら、かき氷を食べたり、写真を撮ったりするだけで十分楽しかったのですが、茅葺屋根の家に入りたい!という方もいらっしゃるかと思います。

  • 国指定重要文化財 和田家
  • ふる郷 長瀬家
  • 神田家 etc…

など、見学できる場所がたくさんあります。

マップを見ながら楽しんでみてください。
https://shirakawa-go.gr.jp/maps/

まとめ

夏の白川郷は

  • 風情ある景観に心が癒やされる。
  • ちょっとした脇道でもその先が見たくなる。
  • ビンのコカ・コーラが飲みたくなる(笑)
  • 道脇に咲く花々が景観に混ざり合い、より綺麗に見える。
  • 風情ある家の縁側で、かき氷を食べられる。
  • 普段見ないところに目が行く。
  • 場面、場面で写真が撮りたくなる。
  • 写ルンですで撮るとより良い雰囲気の写真が仕上がるかも

など、盛り沢山です。

ぜひ白川郷へ行き、ゆっくりと村の景観をみて癒やされてください。

民宿もありますので、次行くときは一泊してみたいですね。

それでは、いい思い出をシャッターに収めてきてください。